KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

現地で働く日本人

こんばんは。

今日は、夜になっても暑いです・・・。

昨日、日本語の資料が欲しくてある場所へ行ったのです。

受付には、なんと、日本人がいました。

私は、カウンターに行って「日本語の資料があったら欲しいのですが・・・」とオージーらしきスタッフに英語で尋ねました。

そのスタッフは、「日本人スタッフがいるから聞いてみるわ」と言い、すぐ近くにいた日本人スタッフに「日本語の資料ある?」って聞いてくれたのです。

日本人スタッフの方は、一歩も動かず座ったまま、私の方を見向きもしません。

私も現地で働く日本人ですが、日本人が訪ねてきたら、日本人であれば、対応してくれるものかと思っていました。

英語で現地スタッフとの会話には困らないですし、昨日も日本人スタッフに聞かなくても困りはしなかったのですが、「日本語の資料ありますか?」って聞いている時点で日本人スタッフが対応するべきだと思ってしまったのですよね・・・。

だって、現地スタッフが日本語の資料の事はわからず、日本人スタッフに聞いているのだから、現地スタッフに代わって対応してくれても良かったのでは?

その日本人スタッフは、「あ、日本語の資料あるよ。私のファイルに入っているから・・・」と言って、一歩も動きません。

私を対応してくれているオージーのスタッフが、ファイルを中の部屋から出してきて「これ?」って日本人スタッフに確認すると、「違う。青いファイルがあったでしょ?」って・・・。

私は、ココロの中で、「あなたが持ってきてくれたら早いのだけれど・・・」と思いました。

オージーのスタッフがファイルを見つけて、日本語の資料をもらうことは出来たので、私の用事は無事に済んだのだけれども、英語が出来ない日本人が来た時、あの日本人スタッフは対応するのだろうか?

何のためにあの日本人スタッフはいるのだろうか?って疑問に感じてしまいました。

バイリンガルスタッフであるならば、日本人のお客さんが来たら、その人の英語力がどうこうでなく、きちんと対応してほしいなって思ったのです。

私、日本語の資料が必要って声を掛けているのですから・・・。

同じ日本人で言うのはイヤだけれど、たま~にいます。こういう日本人が・・・。

日本人の来ない場所ならいいのです。でも、明らかに昨日の場所は、バイリンガルスタッフとして採用されていたはず。

それであの態度は、有り得ないですね・・・。

あ、でもここはオーストラリア。だから、許されてしまうの?

同じ日本人を相手にする仕事をしていて、それは無いな!!って思います。

日本と同じようにサービスしてとは言いません。

単に、日本語サービスをするポジションであるのならば、きちんと対応してもらいたいと感じました。

本当に英語で色んな事を聞く事が大変な日本人だっているはずなのです。

そんな人にやさしく「お手伝いが必要ですか?」って声を掛けられる日本人スタッフであってほしかったな・・・。

ちょっと残念でした。


[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-01-21 23:56 | daily life

カウンセリング・トライアル

KOKORO no SPA のカウンセリング・トライアルコース

30分のトライアルセッションが、$30でお受けいただけます。

お申し込み、お問い合わせは、kokoronospa@gmail.com までお気軽にどうぞ!
[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-01-21 16:47 | カウンセリング・コース

電子機器の影響・・・??

こんにちは。

最近、左手の違和感を感じます。

左手首が重たい・・・。

何となくだるい・・・。

何だろうか?


おそらく、電子機器による影響かと思っています。

「アイフォン:I Phone」
アイフォンも左手で持って右手で画面を操作しています。

アイフォンから発せられる「電磁波」を受けているのかも知れません。

電子機器は、熱を出しているので、左手が熱くなる事もあります。



「コンピューター」

ブログを書いたり、書類を作成したり、リサーチをしたり、色んな点でコンピューターを使う場面が多くなっているこの時代です。

今もそうですが、キーボードを打っている最中、指はキーを押していますが、手の甲の下の部分はキーボードの下に固定したままですよね?
ここが結構、熱く感じてくる事があります。

ま、コンピューターに熱がこもっているというのも原因なのでしょうけれど・・・。


そんなこんなんで左手に違和感を感じている為、スマートフォンの使用を控えようとか、コンピューターの使用を控えようとか思うのですが、仕事にならないので、仕方ありません。

大人の私でもこれだけ感じているのに、子供達はどうなんだろうか?

子供にアイパッド(I Pad)を与えている親は結構いますよね?

電磁波・・・大丈夫なのでしょうか?

やっぱり心配です。


体に害がないのなら、子供の教育の為に使用しても良いのかも知れませんが、本当に害が無いと言えるのでしょうか?




[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-01-21 16:10 | daily life

子供と一緒に食事してる?

こんにちは。

今日も暑いパースですね。

ここ最近、食育関連の論文を読んでいるのですが、とても興味深い内容のものが沢山あります。

どの論文、資料にしても、「食育」が決して「栄養面」だけに固執していないという点が挙げられます。

子供だけで食事をする「孤食」も取り上げられていました。

なるほどねーって思います。

この孤食、親が子供と一緒に食事をしないというのにも含まれると私は感じています。

お父さんは、子供との夕食の時間までに帰宅するのは、日本では難しいかも知れませんが、お母さんは子供と一緒にテーブルについて一緒に同じ食事をとってほしいですね。

色んな子供達を見てきて感じる事は、食事のマナーが身についていない子供が多いという事に気が付きます。

小学生でもスプーンやフォーク、お箸が正しく持てない。

お茶碗を持って食べない。

犬食いをする。(器を持たず、口を器の淵に付けて掻き込むように食べる)

上手くスプーンやフォークで食べ物をすくったり刺したり出来ない時に、利き手では無い方の手を使う。

咀嚼が不十分。

椅子に片足を立てて座る。


この様な点が見られます。

どのお子様にも・・・という訳ではなく、一部のお子様ですけれどね。

お母さんと一緒に食事をしているのだろうか?

お母さんは、お箸やフォーク、スプーンの持ち方を指導しないのだろうか?

お行儀が悪くても注意をしないのだろうか?


きっと気が付けばお母さんも注意はするのだと思います。

ただ、、、、、見ていないのではないだろうか????

食事の準備をしながら、片付けながらとお母さんは、子供に食事を与えている間に他の作業をしていて、子供の食事の様子を見ていないのではないか?と思う事があります。

それでは、気が付きませんよね?


最近、子供と一緒に食事をしていないな~というお母さん、お父さん。
食事中の会話も「食育」です。

食事の支度、片付けも年中さん、年長さんくらいから出来るようになってきます。

もう少し、子供達にもお手伝いをさせてみてもいいのではないでしょうか?

結構、子供はやりたくて仕方ないのですよ。

みんなで食事の準備、みんなで美味しく食べて、みんなで片付ける。

これも立派な「食育」の1つです。

[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-01-21 15:45 | Childcare (子育て)

かずのお勉強

こんにちは!

今日は、過ごしやすい陽気ですね。

この間の週末の暑さは何だったのでしょうか??

ここ最近の3歳児クラスでは、「かずのお勉強」をしています。

1から10まで数えられるように、先ずは順番に声に出して数える練習をしました。

スムーズに数えられるようになるまで何週間も繰り返します。

途中、数字が前後することもあるけれど、リズミカルに覚えられるように時にはリズムをつけたりもします。

「いち、にい、さ〜ん」みたいなニュアンスです。

リトミック風に「いち、にい、さん」と手を叩いて1拍ずつかぞえる事もします。

グループに分けてみたりもします。

手拍子と共に「いち、にい」(休止)
手拍子と共に「さん、し」(休止)

かずを数える単純な事でも、数字を知らない、数の認識が無い子供に教えるのは簡単な事ではありません。

バイリンガルであれば、「ワン、ツー、スリー」とはじめは数える子が多いです。

それを「ワン、ツー、スリー」が「いち、にい、さん」と同じと認識させるのも覚えてもらうのも大変ですが、子供の方が混乱しますし、もっと大変!

だからこそ、楽しくお勉強出来る工夫がないとですね。

今3歳児クラスで使ってるのは、数のパネル。

a0171498_13412668.jpg


このパネルを見せながら「いち、にい、さん」と順番に声に出してかずを数えていきます。

それから子供にパネルを1番から順番に並べてもらいます。

数字の形を覚えていなくては難しいですね。

特に「6と9」は大混乱です。

今日は、だいぶ数のお勉強も進んできたので、数字の形と実際の数を一致させて学べるようにカラーボールを使いました。

ボールを必ず声に出して数えながら手に取りパネルの横に並べて行きました。

今日は1から5まで。。。

これだけでも子供の頭の中はフル回転です。

今日は色を出来るだけ揃えてあげて、視覚でもわかりやすくしました。

a0171498_13412730.jpg




レッスンに通い始めた頃は英語で答える事が多かった子供もすっかり今は日本語でお話をしてくれます。

勿論、時々、英語の単語が混じることもありますが、バイリンガルですから当然です。それでも先生からの問い掛けを英語で返し、他のお友達にも「日本語だよ」なんて言われてた子ですが、子供の成長ってすごいですよね?
[PR]
by kokoro-no-spa | 2014-01-15 13:11 | Kids Class (乳幼児教室)

行ってきました!

a0171498_21544071.jpg


こんにちは!

今日は、Womens Health & Family Services の見学とマネージャーさんとミーティングをしてきました。

こちらの施設へ訪問させてもらったのは、今回が初めてです。

North bridgeにあるこちらの施設は、まだ2年半の新しい建物です。

女性への施設ですからピンクやパープルが多く使われ落ち着いた雰囲気でした。

医者、看護婦も常勤しており、産婦人科系の診察やテストが受けられるそうです。

子宮頸がんテストや乳がんのテストなどですかね。。

その他には、「カウンセリング」セッションですね。

精神疾患、アルコールやドラック依存者へのセラピー、ドメスティックバイオレンス、子育て支援など多くのプログラムが提供されています。

KOKORO no SPAとも関わって行かれればという事で、今後、色んなイベント情報を頂き、私も現地のセラピーや医療従事者の方とも関わっていかれるようフォーラムにもお誘い頂けるそうです。

マルチカルチャーの国だからこそ、色んな言語でもサービスが対応出来るようにしたいという思いは、さすがです。

また、セミナールームもレンタルをしているという事なので、育児セミナーを開催しながら施設の説明もできるのでは。。。と思い、今後、こちらの施設とも連携しながらサービス提供をして行かれたらと思っています。

今日いただいたパンフレットにKOKORO no SPAのマスコットであるおサルとの写真を掲載してみました!!
[PR]
by kokoro-no-spa | 2014-01-14 21:29 | About KOKORO no SPA

Suger TAX ??

こんにちは。

今朝、オーストラリアの朝のワイドショーにて、気になるニュースが出ていました。

それは、「Sugar Tax」というもの・・・。

その内容は以下のように言われているのですが・・・

Health experts call for soft drink tax to stem obesity.

肥満を予防する為にソフトドリンクに税金制度を国が設定したらいいのでは?とヘルス・エキスパート達が言っているそうですが・・・。

税金??

税金で金額を高くしたら、人々はソフトドリンクを買わなくなるのか?

この国は、アルコールに対しても同じように考えられている傾向があるが、酒税を高くしたって、飲酒による事件は全く減っていないと思います。

オーストラリアは、何でもかんでも税金システムを導入する事で解決させようとしている悪いクセがあるように感じるのだが、もっと大事な事があるだろうに・・・。

「教育:Education」

この教育が大事なんだと思いますよ!

教育をして、国民に正しい知識を与える事が何よりも大切であり、将来的にも良い事ではないのだろうか?

酒税は、オーストラリア高いですよね?

それでも酔っぱらって暴力をふるったり、物を壊したりする人があとをたたない。

何故こんなに自分をコントロールできないのだろうか?

昨日のニュースでは、「ステロイド」がより精神的な興奮を促しているといわれていた。

このニュースでも「ステロイド」をマリファナ(大麻)や他の麻薬と同じように規制したり、暴行を加えた人へのステロイド検査をするべきだという意見もあった。

「規制すれば良いだけなのか?」

違いますよね?


この国に必要な事は、
教育です。

しかも、「
食育」が必要だと感じています。

肥満を予防する為にコーラやジュースに税金をかけて金額を高くしても、子供は自分でお金を払う訳ではないのですから、効果はそんなに出て来ないかと・・・。

何故、ソフトドリンクばかり飲んでは駄目なのか?
何故、ジャンクフードばかり食べては駄目なのか?

今を生きるオーストラリア人、この瞬間を楽しむ若者たちには、将来なんて全く見えないのでしょう・・・。

しかし、何が健康に良くて、何が健康に悪いのか、自分の体を作り出している物が一体何から作られているのか、口に入っているものが本当に自分の体に必要な物なのか・・・、こういう事を教育していく事が必要なのではないだろうか?

アレルギー
の問題も結局はここにたどり着く。

食品添加物や農薬が我々の体に入って何かしらの反応を出している訳です。

先日、お医者様とお話しする機会があり、子供のアレルギーが増えているのは、色んな科学薬品が原因だと言っておりました。

また、ビジネスで東南アジアへ出張で行くという方の話しでは、滞在期間中にお腹を下して倒れる、入院するというのは、大抵、若い世代だという。
体力がある若者よりも50代以上の人の方が免疫力は高いのでしょう・・・。

話が反れて行きましたが、オーストラリアに来てビックリした事の1つにアレルギーの人が多いという事。

どのレストランにもアレルギーを持っている人の為にメニューには材料がそれぞれ明記されている。

何故、こんなにアレルギーを持っている人が多いのだろうか?

環境保護国であるオーストラリアは、自然を守るために努力をしています。

オーストラリアに入国する時は、食べ物の持ち込みを厳しく規制している。

しかし、人に対してももう少し環境保護たる取り組みをした方がいいのではないか?

密かに感じてしまう。

料理番組が流行っているオーストラリアだけれども、料理に目覚めた一部の人だけが料理を楽しむのではなく、小学校くらいから栄養素の事や簡単な料理は指導する事も、後々は、肥満などを防ぐ事に繋がるのではなかろうか?

ソフトドリンクや砂糖に税金をかけるのでは無く、健康に生きる為の正しい知識を与える事で人々はもっと豊かな生活になれるのではないだろうか?

ちょっと今日は真面目な話になってしまいましたが、オーストラリアに来て10年目、色んな事が見てきました。

今年のKOKORO no SPAは、これからオーストラリアで育っていく子供達に、「食育
」を浸透させていきたいと思っています。


[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-01-09 18:20 | 気になるニュース

Facebookのアドレス

Facebookのアドレスが出来ました。

ページはあったのですが、Facebookの使い方になれておらず・・・。

KOKORO no SPAのFacebookページのアドレス

facebook.com/kokoronospa


色んな人にシェアーして下さい!!

宜しくお願いしますね 003.gif

[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-01-08 14:33 | About KOKORO no SPA

新しいオフィスはココです!

EAST PERTHエリアに移転しました!

今まで・・・

カウンセリング&保育者派遣サービス・・・Perth Cityのメインオフィス

乳幼児教室、食育&パン作りクラス、子育てセミナー、幼児日本語教師養成コース・・・East Perth

以上のようにサービスによって場所が分かれていたのですが、

今後は・・・

以下の全てのサービス

・カウンセリングサービス
・保育者派遣サービス
・乳幼児教室
・食育&パン作りクラス
・子育てセミナー
・幼児日本語教師養成コース

 ↓
East Perthエリアの1か所で受けられるようになりました!!


アクセス方法

電車: Claisebrook Train Station
下車
     Midland線 Armadele線 Thornley線の3路線が停車)

バス: Education Department下車
      (Yellow CAT Bus)



詳しい住所につきましては、お問い合わせ後、皆様に個別にお知らせ致します。

お問い合わせ先: 
kokoronospa@gmail.com




[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-01-08 14:08 | 場所&アクセス方法

新年のご挨拶

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

新しい年になりましたから、気持ちも切り替え、ポジティブに今年の抱負を考えていきたいですね。

昨年、ココロが疲れてしまった方は、この1月にココロにエステをしてあげて、スッキリすると良いスタートをきることができるでしょう!

今年のKOKORO no SPAは、アットホームなサービスでリラックスしてもらえるように努めていきます。


a0171498_13244620.jpg

[PR]
by kokoro-no-spa | 2014-01-08 13:12 | About KOKORO no SPA