人気ブログランキング |

KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

DVについて

DV(Domestic Violence)

先日、パースの社会福祉法人サポート「虹の会」発行のニュースレター12月号を読みました。

そのテーマが「Domestic Violence」についてでした。
昨年の12月に起きた日本人女性が夫の暴力で殺害されたという痛ましい事件の事も取り上げられていました。
また、その事件が再び起こる事が無いように、虹の会はDVについての勉強会を行い、ニュースレターにてパース在住の日本人にDVの知識を簡単に紹介しております。
この取り組みは、とても素晴らしい事だと感じます。


DVや幼児虐待というのは、家庭という密室で行われている為に、どうしても発見が遅れてしまうのが特徴です。虐待を受けている本人も、あまり外部に助けを求める事が少なく、抱え込んでしまうケースが沢山あります。

幼児虐待の場合は、保育園などの施設に預けている際は、保育者が保護者から子供を受け入れる際に「視診」と「触診」を行います。見える所に傷やアザがある場合は、直接、保護者の方に尋ねます。疑わしい返答があった場合は、保護者が去った後に保育者は、その子の体を隅から隅までチェックし、他に傷が無いのか確認をします。また、傷やアザを見つけた際には、記録をしておきます。

さて、大人の場合はどうでしょうか?
おそらく周囲からの目もあり、なかなか自分が家族やパートナーから暴力を振られているという事を人に言える人は多くはありません。
理想的な事は、近所の人、友人が異変に気が付いてあげる事なのかも知れません。
顔や腕などにアザがあったり傷があった場合、何気なく気遣ってあげるだけでも、その人は何かを話してくれるかも知れません。
自分から言えない人にとっては、周囲から掛けられた声によって、話すきっかけを得られるという事もあります。
また、近所から普通の喧嘩とは思えないほどの怒鳴り声や物音がした場合は、やはり注意してください。あなたが直接、その人の家を訪ねるのも勇気がいる事だと思いますので、ちょっと行き過ぎだな・・・と思うような時には警察に連絡をして見に行ってもらうというのも方法だと思います。

幼児虐待も家庭内暴力も同じですが、何かあってからでは遅い事が多々あります。
通報して何もなかったのなら、それはそれで良いのです。
何か気が付いていたのに通報しなかった方が逆に辛いと思いませんか?


また、ここのように海外で生活していると、言葉の問題や文化の問題により、些細な事でパートナーと喧嘩になったり、誤解が生じたりする事もあるかと思います。

ビザの事があるから別れられない、離れられない・・・・という事が頭を過る事もあるかと思いますが、ビザを餌にして暴力を振られたり、ビザの事があるから別れる事を我慢し、暴力に耐えているとするならば、一度、きちんと専門機関に相談する事をお勧めします。彼にビザのスポンサーをしてもらっている・・・という人もいるでしょうけれど、きちんとDVが証明できれば、特例でビザが下りるなどの特別な処置をとってくれる事もあるというのを聞いた事があります。。。あくまでも聞いた話ですが・・・。

一人で悩まず、暴力を受けている方は、取りあえず誰かに助けを求めて下さい。

あなたの力になってくれる人は、沢山いますから・・・。
一人で全てを抱え込まないで下さいね。
by KOKORO-no-SPA | 2011-12-13 00:40 | Relationship (人間関係)

人生は、長い??それとも短い??

日本にいた頃、人生を楽しむという事について、それ程、深く考えてはいなかったように思います。

旅行にお金を費やし、その楽しみの為に仕事を頑張っていたように思う。

とても充実した生活を送っていたと今でも思うのです。

そして海外へ・・・今でもそのスタイルは変わっていないのかな・・・。

人生を楽しむ為に仕事があって、人生を楽しいと感じ、認識する為に時には辛い事がある・・・きっとそうなのではないだろうか??

同じ24時間を過ごすなら、楽しんだ方が良いと思いませんか?

同じ365日を過ごすのなら、おおいに笑った方が良いと思いませんか?

何十年ってある長い人生、色んな人と出会って、色んな経験をして、学んだ方が良いと思いませんか?


あなたは、「人生の長さ」をどう感じますか??

日本人は、「人生は長い・・・・」という表現を使います。

オージーは、「Life is short (人生は短い)・・・」という表現を使います。


これも異文化により考え方の違いなのでしょうが、日本的に言うと「人生は長いから、ゆっくり考えていけばいいよ・・・」という感じに「今、現時点」という事よりも「将来」に目を向け、「先」を考えていこう的な意味合いがあるように感じます。

オーストラリアの方ではどうかと言いますと「人生は短いから、出来る事はやっておこう」という感じに「今、現時点」を生きているような気がします。先の事、将来の事は、また「その時」に考えたらいいさ・・・という感じでしょうか?

勿論、これらに当てはまらない方々もいらっしゃいますよ・・・。

何事も物事には2面性があるように思います。
捉え方次第で感じ方も変わり、結果も変わっていく事もあるのではないでしょうか??

「Life is Short....」
「Life is Long.....」

私は、きっとその時その出来事によって、「Short」と感じだり「Long」と感じたりするのかな・・・と思います。

人生80年とかあるうちの今日という日をどう過ごして行くか??
 ・ボケーっと過ごしても良いのでは?
 ・家族と一緒に過ごす特別な日に設定しても良いのでは?

人生たったの80年しかない・・・と考えるのなら、今日と言う日をどう過ごして行くか?
 ・大事な人と一刻一刻を一緒に過ごすのも良いのでは?
 ・今しかできない事をしておくのも良いのでは??

私は、現在という時間を「このブログを書く」という事に費やしています。
・・・言葉を選び、どの表現を使っていくかとか色々と考えながら書いているのですよ・・・一応ね(笑)。

よく感じる事は、もっとみんなが「人生」を楽しむ事ができたら・・・と・・・。

大震災があった日本ですが、家族を残し、一人オーストラリアにいる自分ではありますが、「人生」について少しずつではあるけれど、考えていきたいと思います。

いっぱい笑って、泣いて、怒って、そしてそういう繰り返しの日々を経て、あなたの人生というストーリーが生まれるのではないのでしょうか??

あと3週間で2011年も終わりです。
あなたは、この2011年をどう締めくくりますか??
by KOKORO-no-SPA | 2011-12-10 16:40 | Culture-Differences

要領よく子育て

要領よく子育てをするというのは???

子供が出来ると今までの生活と一変して赤ちゃん中心の生活になるかと思います。

生後まもない赤ちゃんを抱えていると、お母さんは数時間おきにミルクを与えなくてはなりませんから、睡眠時間も削られ、お疲れモードになるでしょう・・・。

子育ては、お母さんだけが頑張る必要は全く無いのですよ。
最近は、お父さんも育児に参加するようになってきましたよね?

はい、もっともっと男性にも子育てに参加してもらいましょう・・・。

保育士としてプロの子育ては、より要領良く子供を見ていくという事です。

保育園では、同じくらいの月齢の赤ちゃん達が大勢同じお部屋にいます。
しかし、赤ちゃんそれぞれミルクの時間も違えば、寝る時間も違う・・・。
先生達は、一人の赤ちゃんに一人の先生という割合ではありませんから、上手くスケジュールを作って子供に負担を掛けないよう、そして先生達も動けるように調整していきます。

この方法をもっと、家庭でも取り入れたら良いのですよ。

子育てに追われて家の事が全く出来無くなってしまったと嘆くお母さんもいらっしゃいます。

お父さんにも育児に参加してほしいけれども、危なっかしくて任せられないという方もいます。

今までの生活を見直してちょっと工夫するだけで、とてもスムーズに子育てが出来てしまう事って沢山あります。

勿論、そうもいかないケースもありますけれどね・・・。

子育てでストレスになってしまうお母さん、一度、一日の生活リズムを見直してみませんか?
あなたの生活リズムが子供に振り回されていませんか??
または、あなたの生活リズムに子供を振り回していませんか?


新米ママさん、これから出産を控えていて子育てに対しての不安がある方、私が子育てについてのアドバイスをしていきます。

また、お子さんの事などで悩んでいるお母さんも一人で悩まず一度お話をしに来てみて下さい。

お母さんが笑顔であれば、あなたのお子様も穏やかに過ごせます。お母さんと赤ちゃんは、密接に繋がっていますから、お母さんがピリピリしていると、赤ちゃんもピリピリして神経質になってしまいます。

鼻歌でも口ずさんで子育てをしてみませんか?それくらいの余裕があると良いですね。
by KOKORO-no-SPA | 2011-12-07 14:26 | Childcare (子育て)