KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

幼児日本語教師って??

幼児日本語教師って??

児童英語教師養成講座は、あちらこちらで聞くけれど、日本語を子供達に教える指導法を学べる講座は、どこを探しても見つける事が出来ません。

そもそも、小学校以下の乳幼児に日本語を指導する人っているのかしら??
保育士や幼稚園教諭は、日本語を指導できるの??

私たち日本人は、日本語のネイティブだけれども、実際、日本語を子供に教えるのは難しい。まして、日本語が母語でない外国人、またはバイリンガル、マルチリンガルの子供にどうやって日本語を指導していけば良いのか・・・やはり日本人だからといって教えられるものではありません。

幼児日本語教師に必要なスキルは、多様にありますが、特に大切な事は、乳幼児が言語を獲得するには、どのようなプロセスをたどって身につけられるのか・・・このポイントを徹底的に理解する事が何よりも大切になってきます。

一般的に言われる「日本語教師」は、コミュニケーションが取れるようになった小学生以上を対象としています。日本語教師が乳幼児を相手に日本語を指導できるかというと違います。
例えば、高校の先生や大学教授が保育園や幼稚園の子供達を相手に何かを指導出来るかと言うと違いますよね?

海外で生活している日本人ママさん達は、とても熱心に子供達に日本語を教育しています。しかし、家庭で日本語を指導するにも限界があります。なぜなら、旦那さんが日本人でなければ家庭環境は、現地の言葉です。学校へ行けば、もちろん、現地の言葉です。
従って、日本語を第二言語として指導するには、私たち日本人が英語を学校で学んできたように学習をしていく必要があります。

私たち日本人は、中学校と高校で6年間、英語を学んできました。しかし、海外で通じる英語を獲得できたかというとそうではありません。指導法が間違っていたのかも・・・知れません。


幼児日本語教師はコミュニケーションがまだ上手に出来ない乳幼児が対象になりますので、きちんと言語発達について学んでいく必要があります。
乳幼児の言語の発達段階の他にも様々な事を理解していなければ、日本語を教える先生として子供達に適した教材を提供する事もできません。また、指導もできないのです。


幼児日本語教師は、第二言語として日本語を学ぶ小学生以下の乳幼児に日本語を指導していく先生です。

教科書を使って指導ができない年齢の子供達にどのように適したアプローチをしていくのか?
子供だけではありません。保護者にもきちんと学習の意図を伝え、子供達が第二言語となる日本語を獲得してかれるように協力をしながら指導を進めていきます。


11月16日、17日、24日の3日間、パースで幼児日本語教師養成コース(Introduction Course)を開催しますよ!

興味のある方はkokoronospa@gmail.comへお問い合わせ下さい。
[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2013-10-22 17:48 | 幼児日本語教師養成コース