KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

ご挨拶

あっという間に2011年に入り1カ月以上が経ってしまいました。
気が付けば、もう2月・・・こうしてあっという間に2011年も終わっていくのでしょうか・・・?

遅くなりましたが、「すっかり明けましたね、おめでとうございます」・・・と2月の節分の日に新年のあいさつをするとは、何と言う事か・・・と言われそうですね。

今年は飛躍ある年にしていきたいと思っておりますので、KOKORO no SPAと共に宜しくお願い致します。


さて、アンケートも思っていた以上に回収率が良く、多くの方のおかげでパース在住の日本人の状況が見えてきました。

また、早速、お問い合わせをしてくれた方、カウンセリングをご利用して下さっている方、本当にありがとうございます。

KOKORO no SPA に関する詳細は、少しずつアップしていきますので、宜しくお願い致します。

最後に今年一年、みなさまにとって素敵な年になりますように心からお祈りしております。
[PR]
# by KOKORO-no-SPA | 2011-02-03 17:45 | About KOKORO no SPA

ココロは繊細なのです

調子が悪くなったらどうしますか??

テクノロジーが発展し、医学も物凄く進歩していますよね。
医療機器もハイテクになり、色々な検査が受けられるようになっております。
その為、様々な病気の早期発見が可能になり、命が助かっているという事例が沢山あります。

確かに、レントゲンやMRIなど人体を映像化して、病気の診断をする事が今では可能です。
しかし、人間の人体は透視できたとしても、人間のココロや思考というのは、どうでしょうか?
これだけテクノロジーが発達しているにも関わらず、未だに人間の内面を映像化したり透視したりする機械というものは発明されておりません。

ただ、セラピーの中で人の内面が絵に描かれたり、音になったり、色だったり、そういう表現方法であらわされる事はあります。

しかし、ココロの中は、残念ながら今の科学では透視する事がまだ出来ません。
目に見るような症状が出る時には、症状が重くなっている・・・という事も多くなってしまうのは、ココロに中というのは、見えないので症状が軽いうちに発見し、治療をする・・・というのが難しいのです。

みなさんは、カラダとココロは別の物と切り離して考えていますでしょうか?

散歩をしている時に、道で転んで膝を擦りむいて出血してしまいました。
あなたは、きっと傷口を水で洗って、消毒液を付けたり、バンソウコウを貼ったりするのではないでしょうか?

サッカーをしていて、思い切り他のプレイヤーがスライディングで自分の足に突っ込んできました。物凄い痛みと腫れ、「骨が折れたかも・・・」、この時、あなたは取りあえず病院に行こうと思うのではないでしょうか?

また、鼻水が出て、くしゃみが出て、頭がスッキリしない・・・風邪かな?それとも花粉症かな?・・・そういう時、きっとあなたは病院に行ってお医者さんに診てもらおう・・・と思うのではないでしょうか??

では、あなたが何らかの原因のせいで気分が優れなかったり、やる気が出なかったり、異常なくらい緊張してしまったり、急に涙が止まらなくなってしまったり・・・こういう症状の時、あなたはどういう対応をしますか?

情緒が不安定なったり、感情のコントロールが出来無くなったり・・・そういう時は、ココロがケガをしていたり、風邪をひいていたりすることもあるのです。
でも、多くの人は、カラダの問題には敏感に反応して治療を試みるにも関わらず、ココロの問題には以外にも放置する人が多いような気がします。

ココロの問題も、カラダと同じです。
早期発見、早期治療をすれば、時間もかかりませんし、元気になれるのです。

しかし、日本人は繊細なのに「ココロの問題」を重要にとらえず、放置しておくことが多いのです。
日本人が心療内科やカウンセリングに訪れる時は、ココロの傷口が既に化膿していたり、ココロの風邪が肺炎になりかけていたり・・・そういう事があります。

オーストラリアやアメリカは、ちょっとした気分の落ち込みやココロの変化を感じた時は、もっと気軽にカウンセリングに足を運んでいます。

日本もストレス社会と言われ、ココロに問題を抱えている人が多くいるのは、みなさんも御存じかと思います。日本でも心理士やカウンセラーがもっと身近な存在になれるように認識が変わっていけばと願います。

「抗うつ剤」など薬は確かにあります。
しかし、薬だけでなく、カウンセリングを通してココロの問題を解決していく事は、とても大切です。失恋をして悲しい気持ちは、薬を飲んでも悲しい気持ちは消えません。ココロが傷ついた時は、ゆっくりとココロの傷を癒す方法というのがあるのです。勿論、人によって違うかも知れません。

だから、ココロは繊細なのです。


KOKORO no SPAは、あなたのココロが風邪をひいてしまった時、ココロがキズついてしまった時、その辛さ、痛み、苦しみの原因を早期発見し、ココロがまた元通りの状態になれるよう「心にエステ」という感覚で訪れて頂けたらと思っております。
私も「心のエステティシャン」として、みなさまが「KOKORO no SPA」に来たらスッキリ、リフレッシュしたと感じて頂けるようなサービスを心がけたいと思っております。
[PR]
# by KOKORO-no-SPA | 2010-12-12 18:45 | Counsellingとは・・・

カウンセリングルーム開設までの準備

「KOKORO no SPA」を2011年の始めにはオープンする事を決めました!!

「KOKORO no SPA」は、安らぎの場、癒しの場としてみなさんに利用していただけたらと考えております。
「カウンセリング・ルーム」と言うと敷居が高く感じる人もいるかと思いますが、「KOKORO no SPA」は、みなさんがエステに行ってリラックスしたいな・・・、温泉に入ってゆっくりしたいな・・・っていう感覚と同じように気軽に「話を聞いてもらってスッキリしたいな・・・」という感じに重たく感じず、「行ってみよう」って思えるような場所にしたいと思っています。

私は、 カウンセラーというよりも「心のエステティシャン」としてみなさんが抱えている悩み、問題、苦しみを一緒に考えみなさん個人のペースに合わせて解決していかれるようお手伝いしていきたいと思っています。

しかし、理想ばかりを語っていても、このパースという土地で「日本人のカウンセラー」の需要があるかどうか、どういう形でやっていくのか、色々と頭をひねりながらも考えていかなくてはなりません。そして、思いついたのが、まずは市場調査です。
心理学というものは、常に多くのデーターを元に分析していきます。
ここでも「統計学」というものが役に立ちそうです。

・・・という事で早速、「パース在住者向け、日本人のカウンセリングの需要に関するアンケート調査」という物を始めるべく、細かくアンケートを作成しました。
せっかくアンケートに協力して頂くのですから、無駄にしない為にも質問の内容にもこだわりました。また、自分が専門とするカウンセリングの分野でもある「子育て支援」に関する質問事項も幾つか組み込み、パースに在住の日本人がどんなサービスを必要としているのかを知るきっかけになればと思っています。

おそらく、今、このサイトを訪れてくださった方は、私が作成したアンケート調査にご協力していただいた方かと思います。
この場を借りてお礼を言わせて下さいね。

「この度は、アンケート調査にお時間を費やしてくださった事、貴重な意見を聞かせて頂いた事に心から感謝しております。本当にありがとうございました。みなさまの貴重な意見を参考にさせていただき、KOKORO no SPAが無事にオープン出来るよう暖かく見守って頂けたらと思います。」

アンケート調査の結果は、集計と分析に多少なりとも時間がかかるかも知れませんが、このサイトにてみなさまにもわかるように報告させて頂きたいと思っております。

最後に、こちらのサイトには「心のエステティシャン」として、みなさまがリラックスできるような情報を提供していきたいと思っておりますので、お時間がある時には訪れてみて下さいね。

明日もみなさんが笑顔で過ごせますように・・・。
[PR]
# by KOKORO-no-SPA | 2010-12-07 00:52 | About KOKORO no SPA