KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Students (留学生)( 3 )

ホームシックになったら

短期留学にしろ、ワーキングホリデーにしろ、住み慣れた日本を離れて異国の地に立ち、生活スタイルも言葉も違うところで生活をしていくと、知らぬ間に疲れがたまっているものです。

「日本に帰りたいな」
「日本が恋しいな」
「お母さんに会いたいな」

そんな思いに駆られる事って誰でもあるかと思います。

特に、ココロが少し弱っている時、英語が上達しなくて行き詰っている時、そんな時に日本が恋しくなってしまうのではないでしょうか?

ホームシックになってしまった時は、その気持ちを素直に出して良いのですよ。

日本人の友達がいれば、日本語で話しを聞いてもらい、日本食でも食べて、日ごろ自分がAUSで頑張っているのですから、少し自分を甘やかせてあげても良いと思います。

お母さんに電話しても良いのではないでしょうか?

自分の気持ちに正直になって、少し英語の勉強をさぼったって良いじゃないですか?

いっぱい泣いて、愚痴を言って、そしてスッキリしたら、また頑張ってみようかなって思えてくるかも知れません。


このホームシック、大人の方が結構なりやすい様です。

高校生や大学生でこっちに留学で来た人と、小学生でこっちに留学で来た人、同じ留学期間であっても、ホームシックになる確立が高いのは、高校生や大学生です。

私も留学生のお世話をしていますが、小学生を受け入れた際はホームステイ先で泣いてしまう子がいるのかな?って緊急連絡に備えている事もありましたが、すっかり期待を裏切ってくれました。

小学生達は、毎日笑顔でコミュニケーションを取ることが出来ていました。
英語なんて、全くわかっていませんでしたよ。
それでも、子供たちはコミュニケーションを取ることが出来て、思う存分にAUS生活を楽しんでいました。

幼い子供の方が周囲の環境に適応していく能力がおそらく高いのだと思います。

高校生や大学生そして大人の私たちにとって、色んな状況が把握できてしまうだけあって、新しい環境に適応する事に対しても、少し壁が出来てしまう事があるのでしょう。


ホームシックで辛くなった時には、日本語でお友達や家族といっぱいお話をしましょう。

勿論、私のところへお話に来ても良いですよ。
[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2012-04-12 00:45 | Students (留学生)

英語へのストレスは、あきらめたら楽になれる

英語教育は、中学と高校の合計6年間してきました。

しかし、英語が話せます!!って自信を持って言えない。

間違えないように話そうと思い、頭の中で英語を考えていると1テンポも2テンポも遅れて、話題が変わっていたり・・・。そんな経験ありませんか?

お店などで何かを訪ねたりすると、聞き返されたりする事があります。発音が通じない事もあり、何度も言い直す事もあるけれど、それでもわかってもらえない時もありますよね?


でも、良いのです。仕方ないのです。

私たちは、英語のネイティブでは無いのですから・・・日本語のネイティブです。しかし、まだ知らない日本語も山ほどあります。それでも英語圏で英語を話しているのです。母国語では無い英語を話しているのですから、少しぐらいハンディーキャップがあっても良いじゃないですか?

私も沢山の経験がありますよ。
私の言っている事が理解できなくてイライラされた経験もあります。
「はぁぁぁ????」って顔された事も多々あります。

そんな時、私は「こっちが英語を話してあげているのだから・・・」と思うようにしています。「あなたが日本語を理解できるのなら良いけれどね・・・」って思うと、たとえ何度も聞き返されても、イライラされても、凹む事は無くなります。

語学の習得は、そんなに簡単ではありませんね。
私たちは、日本で何年間、日本語に触れてきましたか?あなたは、完璧な日本語のネイティブですか?

私は、まだ完璧な日本語の持ち主では無いと思っています。日本の新聞を読んでも、よく理解できない事もありますし、読めない漢字も沢山あります。

英語も同じではないでしょうか?

時間をかけて少しずつ学んでも良いのでは?
1年間の留学で英語をマスターしなくては・・・と意気込んでいても、どのくらいの人が1年間の留学、ワーホリで英語を満足いくまで伸ばす事ができるのでしょうか?


勉強する事も必要です。
しかし、ストレスばかり抱え込んでも効率は上がりません。
海外で楽しみながら少しずつ英語が伸びていったら良いのですが・・・。

よく語学学校に通っている学生さんには言いますが、英語を上達させたかったらいっぱい話すと良いよって・・・。

話したくても英語が話せないんだよ~っていう声が聞こえてきそうです。
私もそう言っていましたよ・・・昔は。

アルコールの力を借りても良いと思います。
パブに行ってビールでも飲んで気分が良くなってきたら、意外と英語への恐怖心とかが無くなり、緊張せずに自然に英語が話せていたりする事もありますよ。

ですから、私は英会話を伸ばしたいのなら、パブに行っておいで!!って言います。

ちなみに、IELTSのスピーキングの時、緊張をほぐす為にワインを1杯飲んで挑んだ事もありますよ(笑)。


今日も暑いパース、パブに行ってビールでも飲みながら、近くにいるオージーに声を掛けてみると良いですよ!!!意外に一緒に盛り上がれるかも知れませんよ!!
[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2012-01-25 19:07 | Students (留学生)

IETLSに悩む学生へ

この間、IELTSのポイントが取れないと泣いている友人がいる・・・という人がいました。本人ではありませんが、知り合いから様子を聞くとReadingだけがポイントに満たさないのだとか・・・。

ビザの有効期限も残りわずか、IELTSの受験可能なスケジュールを調べても、あと数回・・・。

・・・精神的に追い込まれている様子。

おそらく、このような状況の方は沢山いらっしゃるかと思います。

はい、私も以前、この一人でしたよ。

IELTS・・・憎たらしいですよね。


もし、あなたがIELTSに苦しんでいるのなら、以下の事をやってみて下さい。

・IELTSを理解する・・・まずはIELTSコースに行ってみましょう。

・IELTSの過去問を徹底的に解きまくる・・・問題傾向を掴みましょう。

・リスニングが苦手な人は、BBC News をラジオで聞きましょう・・・イギリス英語の発音に慣れる事が出来ますし、インタビュー形式での会話が流れてくる事もあるので、IELTSには効果あります。

・ライティングに関しては、IELTSのテキストに載っているモデル・アンサーを参考にしましょう。勿論、ポイントの高い人のエッセイをじっくり読み、書き写し、自分の物にしていくのです。

以上の事は既に行っている・・・それでも駄目だという人もいるかと思います。

そういう人は、おそらく・・・精神的に追い込まれているのでしょう。

時間がまだあるようでしたら、IELTS試験の勉強を少しお休みし、リフレッシュする事も必要です。

時間が無いーーーーという人は、どうしましょう・・・やはり気持ちを落ち着かせ、集中力を高める為にどうしたら良いのかを考えなくてはなりません。


IELTSに追われ、精神的に疲れてしまった人、少しだけ時間を作ってお話に来ませんか?
効率良く勉強をする方法、集中力を高める方法を一緒に考え、何よりもIELTSに対する不安やストレスを軽減し、自信を持って試験に挑めるようにしていきたいですね。
[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2011-11-26 16:34 | Students (留学生)