KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Food Education (食育)( 1 )

食と文化

年々、オーストラリアの肥満度は上がっているようです。

「Biggest Loser」というテレビ番組では、ビックリするくらいの巨体を背負って生きてきた人達がダイエットに挑んでいる。

食事療法、運動、生活リズムなどの改善が求められるかと思いますが、番組のシーズンが終わるころには、通常の人間1人分がいなくなったくらいの体重を減量し、別人のようになっている出演者を見ると、すごいな~って感じる。

何よりも、どうしたら、こんなに太ってしまうのだろうか??って疑問にさえ感じます。

この国は、おそらく様々な問題があって、それを誰も悪いと気付かず習慣化してきた事なのだろう・・・。

・シュガー、砂糖、糖分の取り過ぎ!!

小さい頃から糖分を沢山与えられ過ぎているように感じる。学校には、シリアルバー、チョコレートバー、スナック、フルーツを当たり前に持参して良い!

その理由は、勉強するに当たり、糖分が不足すると集中力に欠けるからだそうです。

本当か??

個人的に感じる事は、落ち着いた環境での授業が出来ているのかが疑問であり、糖分うんぬんでは無い気がします。

先生達もお菓子を食べながら、コーヒーを飲みながら授業をしている。

お腹が空いたら自由にフルーツやスナックなどが食べられる環境であれば、ダラダラ食べとなり、食事の時間、オヤツの時間との区別は全くつかなくなる。

確かにオフィスで働いていても、こっちの人は常に何かを食べているように感じる。

朝食は、自宅で食べて来ないで会社で食べる人も結構多い!

自分のデスクの上でもパソコンで作業をしながら、クッキーやチョコレートを食べている・・・・。

そりゃー、太るよね!


・歩かない・・・、車依存!

子供の頃からずっと車で移動をする。

学校への送迎は、親が車でするのが当たり前のオーストラリア。

私立の学校などで遠いのならわかるが、エリア内の学校だったら、少し距離があっても、歩いて登校したら良いのではないだろうか?

オーストラリアは、車での移動が当たり前ですから、出勤も車の人が多い!

電車やバスも走っているし、駅には大型駐車場が完備され、駅まで車、そして電車でシティーへ・・・という政府の考えもあるが、なかなか移行が出来ていないように思う。

現地に住むオーストラリア人は、電車やバスの乗り方すら知らない人もいるだろう・・・。

どこに行くにも車・・・。

エクササイズに行くにも車・・・。たとえば、湖の周りを走る・・・のであれば、湖まで車で行き、車を停めて走る。そして車に乗って帰るのです。

面白いですよね?


・シュガーフリーやローファットの表示に弱い

誰でも健康食に意識は向いている。

コーラーなどのソフトドリンクもシュガーゼロという物もある。

肥満やら、食事に気をつけよう・・・って気にしている人は、結構、こういうものを摂取して、「だから大丈夫」って思いこんでいるように感じる。

あるオージーの人がそうでした。

お医者さんから減量した方が良い、食事療法をするべきだと言われたそうです。

そして、食事のカロリーにも気を付けて、間食もしないように心がけていたのだろう・・・。

でも、人間そんな簡単には今までの生活習慣を変える事は出来ないのです。

我慢をすれば、どこかで爆発もする。

だから、やり方があり、指示に従って少しずつ進めていく必要があるのだと思う。

ま、この人は、暫く「シュガーゼロのコーラー」を飲んで、糖分を控えているつもりでいたのだろう・・・。

そして、「おれ、このシュガーゼロを飲みだしたら、普通のコーラーの味が甘過ぎてもう飲めなくなったよ・・・」って言っておりました。

うん・・・頑張っているのは、認めます。

でもね、シュガーゼロの代わりに何が使われているのか、ちゃんと知る必要があったよね?

知らないって本当に怖いと思います。

シュガーゼロ・・・この甘い誘惑にみんながはまってしまうのでしょうね・・・。

そして、肥満大国になって行く・・・。

このオーストラリアは、食育に力を入れるべき国。

子供に色水みたいなジュースを平気で飲ませている親が沢山いる。

乳児にポテトフライを平気で食べさせている・・・めちゃくちゃ、塩分濃いよ~!

添加物た~っぷりの物を小さい頃から食べていたら、次の世代はどうなっちゃうの??

アレルギー体質が多くなってきているのは、農薬や食物添加物が昔よりも多くなってきているからだと思いますけれどね~・・・。

保存料がた~っぷり入っているから、何日も日持ちがするのよね?

便利な世の中になってきているけれど、その代償に健康に害があったりするのは確かにあるような気がします。


肥満大国オーストラリア、食育に取り組むにはどこを改善しようと政府が切り出すのか・・・注目していきたい!!

[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-02-25 15:49 | Food Education (食育)