KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

絵本の読み聞かせを習慣化しましょう!

今日は、ブログ更新日みたいになっています・・・。

思いついた時に書いておかないと、忘れてしまいそうなので・・・。

みなさんは、絵本の読み聞かせをお子様にしていますか?

必ず、最低でも1冊はお子様に絵本の読み聞かせを毎日おこなってください。

寝かしつけの時でいいですよ。

ゆったりとした時間に絵本を読み聞かせしながら、親子のコミュニケーションをとることでお子様の情緒も安定します。

そして、何よりも絵本の読み聞かせをすることで語彙力がついていきます。

幼児日本語教師養成コースでも受講生たちに、絵本の読み聞かせを保護者にお勧めする事の重要性を伝えています。

これは、日本にいても海外にいても同じです。

時間が無いという方もいるかも知れませんが、お子様の為です。

1冊は、最低でも読んで下さい。

子供の時に沢山絵本を読んでもらった子供は、色んな物に好奇心を持ち、創造力も豊かになると言われています。

天才を育てる・・・なんていう本なんかにも、幼少期に沢山の絵本の読み聞かせを行う事が大切と言われています。

活字嫌いになると将来、色々と苦労すると思いますよ。


さて、海外で子育てをしている方には、1冊の絵本ではなく、2冊の絵本を毎日読んでもらいたいですね・・・。

理想は、1冊は日本語、もう1冊は現地語です。

更に理想的なのは、ネイティブに読んでもらう事です。

バイリンガルに育てるには、まずこの簡単な一歩から始めたいですよね??

子育てのコンサルタントをするとするならば、2冊の絵本を読むタイミングは、、、、

そうですね~。

寝かしつけの時にお父さんとお母さんが絵本の読み聞かせの為に入れ替わるというのは、子供にとっては落ち着きがなくなるので、避けましょうね。

寝かしつけは、お母さんが多いというお宅なら、お母さんは寝かしつけの時に1冊、お母さんのネイティブの絵本を読んであげましょう。

じゃあ、お父さんはいつ?

朝もバタバタしている時間でしょうから、お父さんが仕事を終えて帰宅して、シャワーでも浴びてゆったりする時にでも、1冊だけお願いしてみましょうか?

夕食前や夕食後に1冊だけお父さんに絵本の読み聞かせをしてもらうと良いのでは?

習慣化してしまうと良いですね。


幼児日本語教師養成コースの時には、絵本の読み聞かせ方にも色々とある事をお伝えします。

私は、絵本も教材として全て使いますよ。

表紙の絵、色、形など、単に読むだけでなく、子供達に質問したり、子供から言葉を引き出す手がかりとして絵本の絵を使ってみたり・・・。

絵本って素晴らしい教材だと私は思います!

テレビやDVDは、一方通行のやり取りでしょ?

これではコミュニケーションスキルは育たないのですよ。

会話・・・、誰かとのやり取りがあって、コミュニケーションスキルがついてきます。

そういう意味では、絵本は重要な役割をしているので、日本語を維持したい、英語も平行してやりたい・・・というのであれば、絵本の読み聞かせをしていきましょう。

寝かしつけの時に読む絵本は、子供が興奮しやすいものは避けたいですね・・・。ゆったりした気持ちで入眠できそうな絵本を読むと良いのではないでしょうか??


[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2014-02-27 16:09 | Childcare (子育て)