KOKORO no SPA

kokorospa.exblog.jp
ブログトップ

乳幼児は不器用なのです!

こんにちは!

今日のパースもすごい暑さです。
予報は41度ですから、これから更に暑くなるのでしょう。。。

さて、今日はどのくらい皆さんが乳幼児の運動能力を理解しているのか??というところです。

もうすぐクリスマスですから、弊社の乳幼児教室でも来週はクリスマス製作を予定しています。

以下の写真は乳児クラスの製作です。(準備段階)

{E5DFE167-B02C-426F-BB13-1EEEB2DF1B0D:01}

乳児クラスでは「クリスマスリース」を作ります。

今は、日本語で色のお勉強もしているのでカラフルなシールを自由に貼って、リースを完成させていきます。

皆さん、乳幼児の手先の不器用さを知っていますか?

人間は、身体の中心部から末端にかけて段階を経て成長します。

従って、腕に関してお話すると肩→肘→手首→指という順になります。

上記に挙げた製作活動は、1歳2歳の子供達が行いますが、シールを貼る作業にも彼らにとっては大変な作業です。

先ず、シールを台紙から剥がします。

このシールは簡単に剥がせるので問題ないかな。

次は、剥がしたシールをリースの上に貼る作業。

これが大人だったら簡単ですが、乳児にとってはね~、上手くいかないこともあるのですよ。

シールが指にくっつくし、ベタベタ糊が付いている方を台紙に貼らないとシールはくっつかない。

思うように動かせない指先に集中しながら、シールを貼ろうと頑張るのですよ。

シールがクシャってくっついてしまったり、折れてしまったり。。。

皆さんにわかってもらえますか??

一緒に製作を行うお母さん達は、子供に声掛けしながら時々ヘルプします。

こういう地味な製作も指先の運動を兼ねて行いますから、幼児教育のアクティビティーの奥深さを感じていただきたいです。

こういうトレーニングを行って行くことによって、手首や指先が動かせるようになり、スプーンやフォークを上手に使えるようになったり、クレヨンが上手に持てるようになり、お絵描きも楽しく出来るようになります。

また、3歳くらいからお箸も練習してきますよね?
指先が上手に動かせないとお箸も上手に使えません。

一つ一つの活動が子供の成長を促すものとなり、こういう積み重ねが必要になってくるのです。

[PR]
by KOKORO-no-SPA | 2013-12-15 13:47 | Kids Class (乳幼児教室)